防犯カメラにSDカードを入れておくと撮り逃しを防げる

  1. ホーム
  2. 火に強いものを選ぶとき

火に強いものを選ぶとき

金庫

火災に遭っても安心

大切な貴重品を失ってしまう場合に多いのが火災による焼失です。通帳や印鑑、大事な書類などは燃えやすいため、住宅が火事になってしまうと失ってしまう可能性が高いのです。火事にならないよう十分気を付けて生活をしていても、他の住宅からの燃え移りや放火によって火事になってしまうこともあります。貴重品を火災によって失わないためには、火に強い耐火金庫を通販で購入しておくと良いでしょう。耐火金庫はその名の通り、火に強くて燃えてしまわないよう設計された金庫です。火事になって家が燃えてしまっても、耐火金庫に貴重品を入れておけば突然の火災による貴重品の焼失を避けることができます。通販で購入しておき、いざとなっときの保険として置いておくと良いでしょう。

見つかりにくい場所を選ぶ

耐火金庫は火に強く、火災から貴重品を守ることに特化した金庫です。そのため、盗難防止としての機能は普通だといえます。金庫には盗まれないための機能が必要となるものです。耐火金庫でも最低限の盗難防止機能は備わっていますが、いささか不安が残ります。盗まれないためには、見つかりにくい場所を選ぶ必要があります。泥棒に発見されてしまうと、大切な貴重品が盗まれてしまうかもしれません。金庫破りの技術を持った泥棒もいるため、見つかりにくい場所を選ぶことはとても重要なのです。通販で耐火金庫を選ぶときには、隠し場所に十分に気を付ける必要があります。通販で購入しただけで安心してしまうと、自宅を留守にしている間に盗まれてしまうかもしれません。